雑記

小室圭氏と眞子内親王の結婚について思うこと

投稿日:2021年9月26日 更新日:

Advertisement



小室圭さん近く帰国見通し 宮内庁眞子様との結婚発表準備(NHK NEWSWEB)

 

小室圭氏と眞子内親王ついに結婚か

いや~。

色々、なんやかんや言われてましたけども。

お二人、ついに結婚されるのですね~。

今現在、「国民が祝福してくれる状態」には至っていないと思うのですが、それでもお二人の思いは変わることがなかったと。

これはもうこの結婚、皆で認めて応援したらいいんじゃないでしょうか。

これまでの経緯から反対意見が凄まじかったのに、それでも意思を貫き通すなんて、並大抵のことではないと思います。

 

筋を通すなら別に反対する必要はないのでは

この結婚によって、眞子内親王は皇籍を離脱し、元皇族として品位を保つためのお金である一時金もご辞退なさる意向だと報道されています。

そうすると、税金による負担が増加するわけでもなく、これまでのように警護費用がかさんでいくわけでもないということになり、少なくとも「お金目当ての結婚」という線は消去できます。(まあ、元皇族としてのアドバンテージは、一般人に比べ十分に存在するとは思いますが)

また、相方の小室氏はNYでの就職が決まり、経済的な基盤も出来て生活していく目途も立ったということになります。

そうなると、この結婚は、「少々家庭に問題があるように見える青年が、元皇族とはいえ一人の女性と単に添い遂げようとしているだけ」というものになります。

関係の無い一般人がやんややんや騒ぐことではなくなるんですよ。

親の借金とか、品位がどうとか、そんなことで結婚をやめさせるというのはおかしなことだと思います。

 

例え小室氏がよこしまな人間だったとしても

「こんな結婚すぐに離婚するに決まっている」という意見をちらほら見かけます。

だったら何なのでしょうか?

そうだとしてもそれは眞子内親王に男を見る目がなかっただけのことで、決断をしたのは本人たちなのだから、とやかく言うことはないと思います。

その後の人生は本人たちが責任もって生きていけばいい事であって、そこまで心配する必要はないと思います。

 

ポケットに手を突っ込み、インタビューも無視

だからどうしたんでしょう?

答えたくないことも答えられないことも多いだろうし、ポケットに手を突っ込んでいるからなんなんでしょうか?生意気だとでも言いたいのでしょうか?

彼の周りの人間たちはどうなんでしょうか?

もしかしたらアメリカではポケットに手を突っ込んで歩くぐらい、何とも思われないのかもしれません。

髪型がボサボサのちょんまげスタイルなのも、個性として受け入れられているからかもしれませんし、業務が忙しくて髪を切る暇がないのかもしれません。

日本のマスメディアはあまり下らないことを報道するのはやめた方がいいと思うのですが、逆に。

 

別に小室氏を擁護したいわけではない

何か、小室氏の擁護のような内容になってしまいましたが、そういう気は全くないです。

ただ、小室氏と眞子内親王が筋を通すのであれば、この結婚は別に反対するべきものではないし、反対する権利もないということが言いたいのです。

正直、小室氏というより眞子内親王の方がこの結婚に積極的なのではないかと思います。

その理由は、眞子内親王は皇族であることに重荷を感じ、一般人として自由に生きていきたいという思いがあるからではないかと推測します。

もちろん、皇族だからこそいろいろな面で守られていたという部分もあり、その違いはこれから眞子内親王ご自身がどう感じられるのか、ということになってくるので、なんにせよ他人には関係ないこととなります。

お二人が、これから幸せになることを願っています。

…今日はこの辺りで。

記事:占い師けんけんさんが観た!小室圭氏の面相

Advertisement



-雑記
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

人間関係構築が苦手…そのまま放置して生きると?

Advertisement 久しぶりの更新ですが、今日は本当に「徒然に思ったこと」を書いてみようと思います。 恐らく、ほぼ読まれない記事になってしまうでしょうが、それでも書きたいと思いました。 &nb …

ウーマンラッシュアワー村本氏、朝生での発言

 芸人ウーマンラッシュアワーの村本氏が、朝まで生テレビに出演し、その発言が物議を醸しています。 問題とされる発言をまとめてみます。 ①北朝鮮が核兵器を作るのは、自国を守るためだから仕方ない。 ②日本 …

「今こそ、韓国に謝ろう」(著者:百田尚樹 飛鳥新社)を読んで

「今こそ、韓国に謝ろう」(著者:百田尚樹 飛鳥新社) …書名を見て「えっ?」となりました。 著者の百田尚樹氏は、現在の中韓の歪められた日本に対する歴史認識に対して、それを正そうとする識者の一人だったは …

政党オリーブの木代表、黒川敦彦氏が書籍刊行!

Advertisement   見出しソフトバンク崩壊の恐怖と農中・ゆうちょに迫る金融危機黒川氏の主張で印象強く残ったこと ソフトバンク崩壊の恐怖と農中・ゆうちょに迫る金融危機 以前ご紹介し …

張本智和、史上最年少V!(国籍は無関係)

15歳張本智和が史上最年少優勝、世界4位林を圧倒(日刊スポーツ) 韓国・仁川で行われた卓球グランドファイナルで、張本智和が優勝を決めました。 15歳の選手による大会の優勝は、史上初の快挙だそうです。 …

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031