メンタル系 雑記

”自分は相手が好き”なのに、”相手から嫌われてしまう”人の特徴

投稿日:2019年11月19日 更新日:

Advertisement



今日も良い動画が見つかったので紹介します。

先ほど上がったばかりの動画で、セイラさんの「”自分は相手が好き”なのに、”相手から嫌われてしまう”人の特徴」というものです。

内容を簡単に紹介します。

【自分は好きなのに、相手からは嫌われる人の特徴】

・その相手がいてくれることを「当たり前」と思ってしまう

・当たり前と思ってその相手にもたれかかってしまうと、感謝できなくなる

・二人でいることが当たり前で感謝できず、一人でいることが不幸と思ってしまう

・不幸を感じているマイナス人間同士が一緒にいて、マイナスにしかならない関係を作る

・エネルギーの奪い合いとなり、結果その相手との関係を破滅させてしまう

【そうならない為には】

・一人でいることが当たり前と思う

・一人でも充実できるようになる

・一人でも充実できるプラスの人間になることで、二人でいるとより幸せを感じられる関係になる

・自分で自分を幸せにできると、相手の本当の価値が分かり、心から感謝が出来る

・プラスの人間同士が集まって支え合い、より良いプラスの関係が出来上がっていく

【結論】

・まずは自分を大切にして自分を充実させ、一人でも生きていける幸せな状態にすることが大事

 

やはり自分を大切にすることが一番の基本

以前の記事で紹介した「優しくして舐められる人慕われる人」の中にもありましたが、他人に好かれたくて、自分を犠牲にしてでも相手に尽くすと、反って相手に舐められて利用され、結局捨てられるというひどい結末が待っています。

それだったら、最初から自分の出来る範囲のことだけやってあげて、犠牲にならない方が良い訳です。

他人との関係をうまく作っていくには、やはり自分が自分自身を大切にすることが一番の基本だという事なのだと思います。

…私自身のことを言えば、最近私は「自分の気持ちを大切にする」という事を実践しています。

私はほんのつい最近まで、「自分が自分の気持ちや意見を言ったり相手に伝えたりする事に、なぜか罪悪感を感じそれが歯止めとなって自分自身を押し殺している」、という事に気付いてさえいませんでした。

つまり、他人と接する時には自然に自分を犠牲にする習慣が身に付いていたのです。

このことに気が付いた私は、自分のこの「何の根拠もない不幸しか生まない悪癖」を打破するために、「自分の気持ちを第一に持ってくること」を強く意識し、それに沿った行動をすることで潜在意識を書き換えることを日々行っています。

「他人にいくらおもねっても利用されるだけ。自分の人生を幸せに出来るのは、自分しかいない」ということに気付いたのです。

このことに気付くと、自分と同じように他人は他人自身の人生が一番大切なのだ、という事が分かりました。

自分にとって自分の人生が一番大事だと分かったからこそ、他人の人生も尊重できるようにもなるのです。

だから、私はこれからも自分の人生を幸せにしていきます。

では、今日はこの辺で。

Advertisement



-メンタル系, 雑記
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ウーマンラッシュアワー村本氏、朝生での発言

 芸人ウーマンラッシュアワーの村本氏が、朝まで生テレビに出演し、その発言が物議を醸しています。 問題とされる発言をまとめてみます。 ①北朝鮮が核兵器を作るのは、自国を守るためだから仕方ない。 ②日本 …

政党オリーブの木代表、黒川敦彦氏が書籍刊行!

Advertisement   ソフトバンク崩壊の恐怖と農中・ゆうちょに迫る金融危機 以前ご紹介しました、政党「オリーブの木」代表黒川敦彦氏が、書籍を刊行されました。 紙ベース:価格税込92 …

ブログの内容

とりあえず始めて見たものの、まだ何をテーマに書いていこうか決めかねています。自己紹介はトップページに書いたので、さしあたって自分の思いでも書いておくことにします。 雑記ブログということにしたので、記事 …

貴乃花親方がおかしいとはどうしても思えない

この年の瀬になっても、連日メディアを賑わせているニュースがあります。 それは最初は「大相撲の横綱による暴行事件」であったり、「モンゴル人同士の星の回し合い、いわゆる八百長の存在」の問題であったものが、 …

「今こそ、韓国に謝ろう」を読んで

「今こそ、韓国に謝ろう」(著者:百田尚樹 飛鳥新社) …書名を見て「えっ?」となりました。 著者の百田尚樹氏は、現在の中韓の歪められた日本に対する歴史認識に対して、それを正そうとする識者の一人だったは …

2020年9月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。