雑記

”自分は相手が好き”なのに、”相手から嫌われてしまう”人の特徴

投稿日:2019年11月19日 更新日:

Advertisement



今日も良い動画が見つかったので紹介します。

先ほど上がったばかりの動画で、セイラさんの「”自分は相手が好き”なのに、”相手から嫌われてしまう”人の特徴」というものです。

内容を簡単に紹介します。

【自分は好きなのに、相手からは嫌われる人の特徴】

・その相手がいてくれることを「当たり前」と思ってしまう

・当たり前と思ってその相手にもたれかかってしまうと、感謝できなくなる

・二人でいることが当たり前で感謝できず、一人でいることが不幸と思ってしまう

・不幸を感じているマイナス人間同士が一緒にいて、マイナスにしかならない関係を作る

・エネルギーの奪い合いとなり、結果その相手との関係を破滅させてしまう

【そうならない為には】

・一人でいることが当たり前と思う

・一人でも充実できるようになる

・一人でも充実できるプラスの人間になることで、二人でいるとより幸せを感じられる関係になる

・自分で自分を幸せにできると、相手の本当の価値が分かり、心から感謝が出来る

・プラスの人間同士が集まって支え合い、より良いプラスの関係が出来上がっていく

【結論】

・まずは自分を大切にして自分を充実させ、一人でも生きていける幸せな状態にすることが大事

 

やはり自分を大切にすることが一番の基本

以前の記事で紹介した「優しくして舐められる人慕われる人」の中にもありましたが、他人に好かれたくて、自分を犠牲にしてでも相手に尽くすと、反って相手に舐められて利用され、結局捨てられるというひどい結末が待っています。

それだったら、最初から自分の出来る範囲のことだけやってあげて、犠牲にならない方が良い訳です。

他人との関係をうまく作っていくには、やはり自分が自分自身を大切にすることが一番の基本だという事なのだと思います。

…私自身のことを言えば、最近私は「自分の気持ちを大切にする」という事を実践しています。

私はほんのつい最近まで、「自分が自分の気持ちや意見を言ったり相手に伝えたりする事に、なぜか罪悪感を感じそれが歯止めとなって自分自身を押し殺している」、という事に気付いてさえいませんでした。

つまり、他人と接する時には自然に自分を犠牲にする習慣が身に付いていたのです。

このことに気が付いた私は、自分のこの「何の根拠もない不幸しか生まない悪癖」を打破するために、「自分の気持ちを第一に持ってくること」を強く意識し、それに沿った行動をすることで潜在意識を書き換えることを日々行っています。

「他人にいくらおもねっても利用されるだけ。自分の人生を幸せに出来るのは、自分しかいない」ということに気付いたのです。

このことに気付くと、自分と同じように他人は他人自身の人生が一番大切なのだ、という事が分かりました。

自分にとって自分の人生が一番大事だと分かったからこそ、他人の人生も尊重できるようにもなるのです。

だから、私はこれからも自分の人生を幸せにしていきます。

では、今日はこの辺で。

Advertisement



-雑記
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

19歳の巡査が同交番の巡査部長を銃撃殺害

滋賀県彦根署の河瀬駅前交番で、19歳の巡査が41歳の巡査部長を拳銃で殺害するという、おそろしい事件が起きました。 事件の詳細は、すでに色々なメディアやブログ等で書かれていますので、ここでは説明を省こう …

日韓関係を世の中はどう捉えているのか?-独自アンケート調査-

Advertisement ここまで日本と韓国の問題を、「反日種族主義」という書籍を通して見てきましたが、世の人々の間では日韓関係についてどのように思っているのでしょうか? 気になったので、ネットと街 …

アスペルガー症候群(ASD)と勘違いKY(空気読めない)アプローチ男

Advertisement 突然ですが、今日は「ASD(自閉症スペクトラム障害)とKY(空気読めない)勘違い男」について書きたいと思います。 <自閉症スペクトラム障害とは> 自閉症スペクトラム障害(じ …

精神医学の歴史を調べていて思ったこと

人間の心って、不思議ですよね。 思ってもいなかったことを口走らされたり、度忘れしたり。 自分の心ほど自分に近くてかつ、ままならないものは他にないのではないでしょうか。 そんなことを思う最近、昔から興味 …

「今こそ、韓国に謝ろう」を読んで

「今こそ、韓国に謝ろう」(著者:百田尚樹 飛鳥新社) …書名を見て「えっ?」となりました。 著者の百田尚樹氏は、現在の中韓の歪められた日本に対する歴史認識に対して、それを正そうとする識者の一人だったは …

2020年2月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。