雑記

貴乃花親方がおかしいとはどうしても思えない

投稿日:2017年12月29日 更新日:

この年の瀬になっても、連日メディアを賑わせているニュースがあります。

それは最初は「大相撲の横綱による暴行事件」であったり、「モンゴル人同士の星の回し合い、いわゆる八百長の存在」の問題であったものが、いつしか「貴乃花という一人の親方と、相撲協会との対立」という形でメディアが騒ぎ立てています。

貴乃花親方バッシングに見る相撲協会とマスコミの「狂気」(ダイアモンドオンライン)

この記事によると、本当なら被害者の側である貴乃花親方がこうまでバッシングを受けるのは、相撲協会とマスコミという二つの「ムラ社会」が、「ムラの秩序を乱す者への憎悪」の対象として、貴乃花親方に対してその憎しみをぶつけているからだと指摘しています。

 

ムラ社会とは

ここでいう「ムラ社会」というのは、「ムラ」を守る者が常に清く正しく、「ムラ」を裏切る者は私利私欲にまみれて汚らわしいとされる、「ムラの論理」に蝕まれている社会を言います。

つまり、その組織というムラの中で、例え一般的に考えたらおかしな風習や行動であっても、そのムラにとって有益ならばそれらの行動等を取る者は称賛され、一般的な倫理に基づいてそれらの行動等を批判する者は、そのムラにとって重大犯罪者と同様の許されざる者であり、そのムラの論理(多くは暗黙の了解化していると思われます)に従って、その者を弾劾しても良いという価値観ということです。

この価値観を元にして考えると、相撲協会にとって日馬富士にしろ白鵬にしろ、ムラの興業を代表する重要な横綱という立場の人間なので、単なる幕内力士の一人でしかない貴ノ岩をかばう事など有り得ないのは火を見るより明らかですね。

貴乃花親方はその辺りの事はもう重々承知でしょうから、その理不尽な「ムラの論理」に巻き込まれないためには、警察という第3者の関与を交えて、相撲協会というムラには強硬な態度を取ることで、正義はどこにあるのか何が正しいのか白日の下にさらけ出し、一般社会の基準で審議を図ろうとしたのではないでしょうか。

また、これは私個人の推論でしかないですが、ガチンコ勝負で相撲道を邁進してきた貴乃花親方には、今のモンゴル勢が大相撲を牛耳り、相撲を利用して大枚をかっさらって結局モンゴルに帰り、後進の育成には何一つ貢献しないという状況が腹に据えかね、しかも横綱だ何だと言ってはいるが、モンゴル勢同士で星の回し合いをした結果の八百長相撲で、何が横綱だと。相撲をなめるなモンゴリアン共!という思いがあったのではないかと。

それでモンゴル勢に加担させるための、正に私利私欲にまみれた「かわいがり」をトップである横綱連中が行い、自分の部屋のあたら有望な弟子を潰されそうになったと。これは、もう相撲協会等というムラに任せておいたら、いつの間にかもみ消され、貴ノ岩は体調不良で休場所、そして人知れず引退で終了という流れに持っていかれると。

ここで闘わねばいつ闘う!ということで、貴乃花親方はムラの論理による理不尽な処分など覚悟のうえで今回こういう行動を取ったのでしょう。メディアを賑わせば賑わす程、相撲協会というムラ社会を解析しようという動きも出てきます。だから、自らに処分が下るのを承知の上で「肉を切らせて骨を断つ」作戦を実行したのではないでしょうか。

 

巡業部長、理事の一人として報告・協力は当然と言うが…

貴乃花親方に処分が下された理由として、「立場上、組織への報告や協力は当然のことで、それを怠ったのだから処分はやむを得ない」といいます。

しかしこれ、協会側に報告してその判断を仰いでいたら、確実にもみ消されましたよね。何せ、相撲界のトップの横綱の不祥事なんですから。

こんな感じじゃないでしょうか。

貴乃花親方「八角理事長。実はこうこうこういうことがありまして、うちの部屋の貴ノ岩が横綱日馬富士に暴行を受けました。協会の方から日馬富士に何らかの処罰を求めます。」

八角理事長「?今何と言った?」

貴乃花親方「ですから、横綱の日馬富士が貴ノ岩に暴行を…」

八角理事長「コホン、いいかね、親方。大相撲の横綱は、暴行などしない。分かるね?」

貴乃花親方「は?いや実際ですね…」

八角理事長「親方。横綱は大相撲の顔だよ、顔。君はその顔に泥を塗りたいのか?そんなことをすれば、大相撲の人気はまた急落して、君の部屋にも都合の悪い事になる。分かるだろう?」

貴乃花親方「…」

八角理事長「この件は私と君の胸の中にしまっておこう。伊勢ケ浜親方には私の方から話しておく。くれぐれも早まった真似をするんじゃないぞ。分かったら行きたまえ。」

貴乃花親方「…」

「社会人・組織人として報告の義務を怠ったのはあり得ない」、ということで貴乃花親方を責める意見がありますが、報告したらしたでどうなったか、ということが完全に抜け落ちています。「報告しなかったこと自体をあげつらう」ことは、協会側にとって都合の良いやり方で、報告したらもみ消しにあったかもしれないということと、完全に切り離して攻撃の種に出来ます。

もちろん、協会の言うような形での報告はなされなかったわけで、もみ消しにあったかどうかは最早仮定の話でしかなく、だからこそ協会側はそこを言うのですが、貴乃花親方はその流れになることも分かっていたと思います。ただ、今回はそれよりも事件をとにかく表沙汰にすることを優先したのではないでしょうか。

ともかく貴乃花親方が協会に対して根強い不信感を持っているのは、すごく報道からも伝わってきます。

 

貴乃花親方はこの事件を利用している…?

協会派の親方で「貴乃花親方の行動は、協会を混乱させ和を乱すことばかり。そうやって世間の注目を集めて、弟子暴行事件を利用して勢力拡大を狙っている」という意見があるそうです。

まあ、協会派だから当たり前ですが、この意見は「ムラの論理」に完全に浸かった意見ですよね。相撲協会というムラに波風が起こらないことを第一とし、ムラの秩序を乱す者を悪人と捉え、私利私欲にまみれた汚らわしい存在だとみなしています。

しかしこれも、そのムラ以外の所から見てみると全然違った形に見えます。私なんかから見ると、「貴乃花親方の行動は、閉鎖的でムラの論理に支配された、信用ならない相撲協会に風穴を空け、新しいクリーンな相撲道精進の場として大相撲を変革すべく、自分に共感してくれる理事を増やし、自身が理事更には理事長職へと就くことによって、相撲界全体を良い方向へと導いていく」、そのための勢力拡大ではないかと思います。

ムラの論理で貴乃花親方を私利私欲の人間と言う人は、実際は自分がムラの中で良い目を見たい私利私欲の人間なんだと思います。

対して貴乃花親方は、ムラの中で良い目を見たいがための勢力拡大なのではなく、相撲界全体を考えた変革のための権力掌握を求めているように思います。

今回貴乃花親方に対して「降格」という処分が下りましたが、来年2月に理事に返り咲き、更には理事長となって、相撲界を良い方向に変革していく様相を是非、見せていただきたいと思います。

 

Advertisement









-雑記
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

無性に食べたくなったもの

投稿の第2段は、軽いジャブということで「今日の夜食べたもの」。 なぜだか無性に、「マクドナルドのバンバーガーとポテト」が食べたくなりました。 少し気分転換もしたかったので、夜の街をドライブがてら、少し …

発達障害について、思う事

今日はちょっと「発達障害」というものについて思ったことを書きたいと思います。 そもそも発達障害って何? 一口に発達障害といってもADHD、自閉症、アスペルガー症候群、学習障害など、さまざまな種類・症状 …

外国人は欧米人だけじゃない

この間、ある知人と話していた時のことです。 私が「最近コンビニの店員に外国人が増えた」ということを言ったら、「えっ?そう」と返されたので、「そうですね、フィリピンの人とか、インド人とか、たぶんタイ人ら …

ベルウィックサーガ(ファイアーエムブレム系統のSRPG)クリア!

今回は完全に趣味の話です。なので、いつもと違って気楽に書こうと思っています。 多少、砕けた文章になったとしてもご了承ください。   ベルウィックサーガについて ベルウィックサーガとは、SRP …

精神医学の歴史を調べていて思ったこと

人間の心って、不思議ですよね。 思ってもいなかったことを口走らされたり、度忘れしたり。 自分の心ほど自分に近くてかつ、ままならないものは他にないのではないでしょうか。 そんなことを思う最近、昔から興味 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。