アスペルガー症候群(ASD) メンタル系 雑記

アスペルガー症候群(ASD)と勘違いKY(空気読めない)アプローチ男

投稿日:2019年11月12日 更新日:

Advertisement



突然ですが、今日は「ASD(自閉症スペクトラム障害)とKY(空気読めない)勘違い男」について書きたいと思います。

<自閉症スペクトラム障害とは>

自閉症スペクトラム障害(じへいしょうスペクトラムしょうがい、英語:Autism Spectrum Disorder, 略称:ASD)、あるいは自閉スペクトラム症とは、『精神障害の診断と統計マニュアル』第5版(DSM-5)における、神経発達症群に分類されるひとつの診断名で、コミュニケーションや言語に関する症状があり、常同行動を示すといった様々な状態を連続体(スペクトラム)として包含する診断名である。従来からの典型的な自閉症だけでなく、もっと軽い状態が含まれることになった。

かつてのICD-10やDSM-IVで用いられている広汎性発達障害の中分類に含まれていた、自閉性障害(自閉症)、アスペルガー症候群、特定不能の広汎性発達障害、小児期崩壊性障害などの各障害は、DSM-5においてはASDの単一の診断名を用いて再定義された。

(Wikipediaより抜粋)

ということで、少し前発達障害の一つとして「アスペルガー症候群」と呼ばれていたものは、現在「ASD(自閉症スペクトラム障害)」ということで診断名が統一されています。ただ、分類が分かり易いので、この記事では「アスペルガー症候群」と言って記述します。

 

 

ASD当事者関係の動画は結構あります

さて、それでこの間youtubeで「日常生活補完計画」というチャンネルを見つけました。

ここはASDの夫であるちゃんさんと、(ADHD+ASD)の妻であるあやこさんのお二人が、発達障害のことについて色々な提案や議論や考え方を発信しているチャンネルになります。

その中で面白いものを二つ、ご紹介しましょう。

このチャンネルの動画は長くても10分少々ぐらいの物が多いので、比較的見やすいかと思います。出来ればこの二つの動画を視聴して頂ければいいのですが、面倒くさい方の為に簡単にまとめたいと思います。

 

アスペルガー症候群の人の話には、相手の気持ちが存在しない

一本目の動画の中でちゃんさんが言われていること。

<通常(定型発達)の人の話し方>

・ある出来事を話す場合、相手の気持ちを考えながら話している

・何かの事実に対して、そのまま伝えるのではなく、相手の気持ちにとって良くなるように話す

・そういうことをほぼ無意識にやっていると思われる

<ASDの人の話し方>

・ASDの人の中ではそもそも相手の気持ちが存在しない

・ある出来事を話すときも、相手がどう思うか等気持ちを考えず、事実をそのまま伝える

・そのため、「(事実だとしても)それは言わなくていだろう」という事や、「空気が読めない、余計な発言」などを言ってしまう、人間関係でトラブルになり易い話し方になる

アスペルガーの人の中には相手の気持ちが存在しないので、当然悪気もないし、何が悪かったのか分からない場合が多いと思います。

自分が思ったことを言っただけ、起こった事実や、自分の目に映った事実を伝えただけ、という事になるんですよ。

良い、悪いではなく、ASDの人たちにはそういう傾向がある、ということを抑えてもらえれば、と思います。

 

勘違いKYアプローチをする男にASDの傾向が…!?

そして次の動画『「勘違い男」KYアプローチをする男の心理とは?』で、相手の気持ちが分からずにアプローチをしたり、うまくいかないことに腹を立てて逆に嫌がらせをするようになる男性は、アスペルガーの人なんじゃないかと、ちゃんさんは言います。(自分が同類だから分かるそうです)

<KYアプローチをする勘違い男の行動をアスペルガーの特性から読み解く>

①仕事上、営業スマイル等で人当たりよく接する女性に対して好意を持つ

→アスペルガーの人は相手の気持ちが分からない+表面的な事象(営業スマイルやお世辞などの言葉等)をそのまま額面通り受け取ってしまうため、営業スマイルや社交辞令などを自分への好意の表現だと受け取ってしまう

②相手の気持ちや状況、立場の意味が分からないため、勘違いの好意表現を行う

→全く心の距離が縮まっていないのに、付き合っているかのような振る舞いをしたり、メールや電話などで連絡を取ろうとする。

③相手との関係が発展しなくても、引き続き好意表現続行するか、何かの拍子に怒りとなり嫌がらせに移行したりする

→そもそも相手の気持ちが分からないため、相手がやんわり断る雰囲気を出しても気付かない(勘違い続行)。また相手の気持ちが存在しないため、自分が相手にされていないと思ったら、相手の事を全く考えず自分の怒りを表現することだけに固執するようになる(嫌がらせへ移行)

<解決方法>

アスペルガーなどASD傾向を持つ人たちはあいまいな表現が理解しにくいため、遠回しにではなく「きっぱりと断る」ことが大事。

また、それをすることに恐怖感がある場合は、周りの人たちに助けを求めて、周りの人たちから言ってもらうようにすると良い。

(とにかく曖昧に終わらせることは出来ないので、曖昧、遠回しは考えない。)

悪気があるわけではないけれど、相手の気持ちが存在しないため、こういうような形になってしまう。そのことについては「ごめんなさいとしか言えない」と動画の中でちゃんさんは言っています。

大人だから分かってくれるはず、というのはASD傾向の人には当てはめない方が良いようです。

特に人を傷つけたくない優しい女性や、仕事上はっきりと断らず、ぎりぎりの所でお金をもらうような仕事(例えば水商売や人気商売等)についている人たちは、この解決方法は行いにくいと思います。

しかし、この知識を持っておけば、ASD傾向があると思われる人たち(まあ、見た目で分かるわけではないですが)には、「きっぱりと断る」という対応をしなければならないということが分かると思います。そして、ASDの人たちにとっても、早い段階で断られた方が長い目で見ると良いことだと思います。

なぜなら彼らは人の気持ちが分からないので、表面的な態度や言葉で、長い間信じこませていると、それが表面的だったと分かった時に裏切られたという思いが、凄まじい怒りとなって帰ってくる可能性もあるからです。そうなると、ASD側も相手側も全くよろしくない関係に陥ると思います。お気をつけて。

では、今日はこの辺で。

 

 

 

Advertisement



-アスペルガー症候群(ASD), メンタル系, 雑記
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ブログの内容

とりあえず始めて見たものの、まだ何をテーマに書いていこうか決めかねています。自己紹介はトップページに書いたので、さしあたって自分の思いでも書いておくことにします。 雑記ブログということにしたので、記事 …

アメリカ社会における銃

アメリカ史上最悪の銃乱射事件がネバダ州のラスベガスで起こりました。 犯人は元会計士で賭博愛好家の、スティーブン・クレイグ・パドックと言う男だそうで、父親はかつてFBIに最重要指名手配犯とされた銀行強盗 …

文書通信交通滞在費月額100万円支給、非課税、使途公開不要

Advertisement 新型コロナで露わになった安倍政権の致命的「遅さ」(JBpress) 以前から散々言われていることだと思うのですが、上のリンクの記事内にもある、国会議員に支給される「文書通信 …

メルカリに登録!

  私事ですが、メルカリに登録しました。 メルカリとは、有名なスマホ用フリマアプリのことで、会員登録時に招待コードを入力することで最大10000円分のポイントを受け取ることが出来ます。 現在 …

張本智和、史上最年少V!

15歳張本智和が史上最年少優勝、世界4位林を圧倒(日刊スポーツ) 韓国・仁川で行われた卓球グランドファイナルで、張本智和が優勝を決めました。 15歳の選手による大会の優勝は、史上初の快挙だそうです。 …

2020年9月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。