占い師けんけんシリーズ 雑記

占い師けんけんさんが観た!紀州のドン・ファン殺害容疑者、須藤早貴

投稿日:2021年5月10日 更新日:

Advertisement



占い師けんけんTV(youtube)へ

次々と話題の人間を観相学で観ていく、占い師けんけんさんのけんけんTV。

今回はやはりリクエストが多かったそうですが、あの紀州のドン・ファン殺害容疑者の元妻、須藤早貴さんを観る回です。

もちろんまだ容疑者の段階なので、この人が犯人だろうと決めつけることはできませんが、そういう人物だからこそ、けんけんさんはどのように観たのでしょうか。

 

須藤早貴さんの面相から分かること

須藤さんは整形をしたようですが、けんけんさんに言わせるとあまり関係ないそうです。

ただ、今回はもしかして観相学の基礎知識がある程度あることが前提で話されたのかもしれません。面相の各パーツについて、あまり具体的に「ここがこうなっているからこう読み取れる」という感じの説明はありませんでした。

それで言われていたことをまとめると、

・目→卑しさが残る

・山根(目と目の間)の広さ

・口元→だらしなさが残っている

・ガミースマイル(笑うと上顎の歯茎が見える)

・頬骨が張っている→プライドが高く好戦的。家庭におさまるタイプではない

・額と耳→相としては良い。耳たぶが大きいのも良相

そしてすごく分かりやすい女郎相であり、特徴として「嘘つき、盗癖、見栄っ張り、自己顕示欲が強い、自分の価値を間違えている」というのがあるが、もっと大きな特徴として「男性に体を売って相手を不幸にする」というものがあるそうです。

まあ、観相学をほぼ知らない人間から見れば、すでにニュース等で須藤さんがどのような人間かというイメージが出来上がってしまっているので、全く特徴がピタリ当てはまると感じてしまうのですが、そういう情報を全く知らない状態で相手を見たときに、何となくでもいいから危険性を感じ、ある程度警戒することで未然に被害を防ぐ可能性を高められるのが、観相学の使いどころなのでしょう。

ちなみに、けんけんさんは

例え明確な証拠がなくて須藤さんが「無罪」になったとしても、「無実」である可能性はゼロ%

との観立てだそうです。

最近、連日でお騒がせのニュースが多い…?

話は変わりますが、最近、小室問題に始まり、伊是名夏子JR乗車拒否問題、そしてこの須藤容疑者の逮捕と、連日人の耳目を引くニュースが多いですよね。

なんか、こうまた穿った見方なんでしょうけど、そうやって報道をある話題で埋めておいて、裏でシレっと国民に知られると不都合なことを通そうとしているのではないか、なんて思ったりします。

もちろんそれがどういうことで、誰がそれをやろうとしているか、等は分かりませんが…ともかくマスコミは正義の味方ではないし、真実を国民に知らせるための機関だ、等と思っている人間などもはや皆無でしょう。報道内容にしたって、何らかの意図をもって製作されているわけで、漫然と皆が知りたいことを流してくれているのだ、とは思えません。

気が付いたら、この日本という国がとんでもない方向へ向かって行ってて、もはや止められないという状況になりそうな不安があります。

ただ、だからこそ今はしっかりと国の動向を見つめ、できるなら何か行動を起こすことによって、国民が主体となってこの日本国の進む方向を変えていけたら良いなと思います。

では、今日はこの辺で。

紀州のドン・ファン殺害容疑者で須藤早貴容疑者逮捕へ

Advertisement



-占い師けんけんシリーズ, 雑記
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「今こそ、韓国に謝ろう」(著者:百田尚樹 飛鳥新社)を読んで

「今こそ、韓国に謝ろう」(著者:百田尚樹 飛鳥新社) …書名を見て「えっ?」となりました。 著者の百田尚樹氏は、現在の中韓の歪められた日本に対する歴史認識に対して、それを正そうとする識者の一人だったは …

今の日本があらゆる分野で腐敗していることが分かる動画

Advertisement 今回は二本の動画を紹介します。 タイトルにも書いた通り、「今の日本があらゆる分野で腐敗していることが分かる動画」ということで、主に不正選挙の話なのですが、そこから派生して不 …

アメリカ社会における銃(力は「諸刃の剣」)

アメリカ史上最悪の銃乱射事件がネバダ州のラスベガスで起こりました。 犯人は元会計士で賭博愛好家の、スティーブン・クレイグ・パドックと言う男だそうで、父親はかつてFBIに最重要指名手配犯とされた銀行強盗 …

貴乃花親方がおかしいとはどうしても思えない

この年の瀬になっても、連日メディアを賑わせているニュースがあります。 それは最初は「大相撲の横綱による暴行事件」であったり、「モンゴル人同士の星の回し合い、いわゆる八百長の存在」の問題であったものが、 …

早見優、ベストテン放送事故とは?(ギリギリまで衣装に着替えない悪癖)

早見優さんのベストテンが検索急上昇ワードになっているそうです。 早見優さんといえば、私は当時あまり興味はなかったのですが、英語が堪能な才色兼備のアイドルで、「何を言う、早見優~」とかいうダジャレが流行 …

2021年9月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。