北朝鮮・韓国 在日朝鮮人 朝鮮の歴史

日韓関係現在は…?(サンフランシスコ市と大阪市)

投稿日:2017年11月26日 更新日:

ふう~、ため息しか出ませんね。やはりあの国々はどうしようもないようです。

サンフランシスコ市長、慰安婦像の寄贈受け入れ

最近のニュースです。

①米SF慰安婦像 民間交流補助金も打ち切りへ 大阪市長

②韓国 国会本会議で「慰安婦記念日」可決成立

①についてですが、サンフランシスコ市の市長「エドウィン・M・リー」氏は、慰安婦像の寄贈を受け入れたとのことで、大阪市長の吉村氏に対し、「慰安婦像についての話は交渉・議論の余地はない」とまで言ったそうです。それで、吉村市長は60年間続いた姉妹都市の関係を解消する、と怒り心頭なわけです。

このエド・リー市長の両親は共に中国人で1930年代に米国に移住し、その子であるリー市長は中国名は李孟賢という中国系アメリカ人です(ハーフですらない国籍だけのアメリカ人)。そして、サンフランシスコはアジア系の、それもとりわけ中華系が多い人口構成の街で、それでこの市長の誕生となったのではないでしょうか。

そしてサンフランシスコは韓国のソウル市とも姉妹都市関係を結んでいますが(こちらは40年)、この市長2016年に「ソウル市名誉市民」に選定されています。そうやって市長を取り込みながら、在米韓国系団体と連携している在米中国系団体が私有地に慰安婦像と碑を立て、その土地の市への寄贈を速やかに決議させることで、公有地となった場所に日本を貶める碑が残るという流れ。

最近これらの関係の記事に、【歴史戦】とタイトルの中に入っていることが多いですが、正にこれは国家間のどちらの主張が正しいかを通す、武器を使わない戦争の様相を呈してきましたね。また、やはり韓国の親玉は中国のようで、現在でも「中華主義」から脱し切れていないことが見て取れます。産経の記事では「慰安婦正義連合」なるものが書かれています。

周到な中韓共闘…時遅く 計画察知と関係者説得に課題

そして②についてですが、慰安婦像の受け入れがアメリカで成功したことで勢いづき、更にねつ造歴史を事実にしてしまおうということで、「慰安婦記念日」とやらを作ったのでしょうね。

なぜこのようなことをするのか

中国や朝鮮(あえて朝鮮と言います)はなぜこのようなことをするのでしょうか。

以前の記事で出てきた「韓国併合への道完全版」の中で、呉善花氏がこのように書いています。

 「朝鮮では、父親の仇を討たなかったならば、父子関係が否定され、その子は私生児となり、姓を名乗る権利さえもなくなってしまう。このような不幸は、祖先崇拝だけで成り立っているこの国の宗教の根本を侵すことになる。たとえ父が合法的に殺されたとしても、父の仇あるいはその子を、父と同じ境遇に陥れなければならず、また父が流罪になればその敵を流罪にしてやらねばならない。父が暗殺された場合も、同じ行為が求められる。この場合、犯人はたいてい無罪とされる。なぜなら、この国の宗教的国民的感情が彼に与する(意:味方をしてくれる)からである。」

もちろんこれは李朝時代の朝鮮人の考え方を書いたものですが、現在でも中華主義から抜け出られていない韓国人の停滞ぶりを見ると、結局この李朝時代の価値観からも抜け出れていないと思われます。その方が彼らの行動を理解しやすいです。

つまり、彼らは過去に日本に併合されたという屈辱を晴らすために、日本という国を同じほどに貶めなければ気が済まない訳です。彼らの感覚からするとそれは正義であり、また親や祖先に対する孝であり、自分たちがやっていることは無罪という感覚でいるんですね。

そして中国は朝鮮をうまく使って、日本を貶めることで自国の利益を最大限享受しようと画策しているのでしょう。

儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

このような本も出ていますし、中韓に備えるためにも彼らの考え方を知っておくのは必要になってくると思います。「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」と言う言葉もありますし、私も読んでみたいと思います。

絶対に恨みを忘れず復讐する「恨の民族」

自分たちやその親族が受けた屈辱・納得できない処遇等は、例え合法的であっても同じように相手にやり返さないと一族からはじき出されてしまうという「宗教的観念」が朝鮮にはあるそうです。現在の世界情勢では、武力をもって他国を制圧したり、併合したりすることは出来ないので、それと同じくらいに日本を貶める・もしくは武力によらないで支配するという形を取りたい、というのが反日主義の望むところなのじゃないでしょうか。

気を付けないといけないのは、慰安婦というのは「性奴隷」であったと相手が主張していることです。これは一見女性の人権や権利を守ろうとする動きに見えますが、そうではないのは今まで書いてきたことから分かっていただけると思いますし、何より朝鮮側の考え方によると、「昔日本人は我が国の女性たちを性奴隷にした。だから、今度は我々が日本人女性を性奴隷にするのだ」と言い出しかねないです。最近でも次のような事件が起きています。

韓国プロ野球選手逮捕、女性に抱きつきキス容疑

キャンプ中に何をやってるんだコイツは…と思います。もちろん、通常であれば「こういう奴ってどこの集団にでもいるよな~」、ってことで、他の人間たちまでどうこうまで思わないのですが、やはり考え方の根本的な部分や、今現在起こっていることを考えると、それだけで済ましてよいのかと思ってしまうんですよ。

特に、この慰安婦問題と言うのは「女性性への冒涜」という要素が絡められているので、女性側の賛同と言うのは得にくいと思うのですが、聡明な日本人女性には、是非ことの次第と真実を知ってもらい、朝鮮側の言い分はほとんどがねつ造であり、日本人男性の名誉を疑うことなく、また日本人女性を守るためにも、協力体制を築いていければと思います。

 

 

Advertisement









-北朝鮮・韓国, 在日朝鮮人, 朝鮮の歴史
-, , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「韓国併合への道完全版」を読んで⑵(1800年代初頭~大院君失脚まで)

前回は「韓国併合への道完全版」の著者、呉善花氏について主に書きましたが、今回はその内容に入っていきたいと思います。 正直なところ、つい最近まで朝鮮半島の歴史にはほとんどと言っていいほど興味がありません …

壁画が旭日旗に見えるからどけろ!…頭、大丈夫?

Advertisement   ぬか喜びの韓国系住民、壁画撤去が今度は撤回(JBPRESS) (太陽と美女とココナツツリー バウ・スタントン)   …おいおい。 芸術家の表現の自由 …

「韓国併合への道完全版」を読んで⑶(閔氏勢道政治~甲申クーデター失敗)

前回に引き続いて、朝鮮半島の近代の歴史を見ていこうと思います。 ③閔妃一族による勢道政治 外戚の専横を招く恐れがないという大院君の見立ては完全に外れ、1873年、閔氏一族によって大院君は失脚、そして閔 …

「韓国併合への道完全版」を読んで(7)(日本統治による朝鮮変化の実状)

見出し日本の統治は悪だったのか? 反日政策と従軍慰安婦・日本の統治と西洋列強の植民地統治との違い・韓国教科書に載る「土地収奪」の嘘・巨額投資による産業経済の発展・武力的な威圧はあったか?・学校数の激増 …

反日種族主義を読んで⑸-慰安婦問題2-

  では、前回第3部の18.19の見出しを見ていったので、今回は見出し20.を見ていきましょう。   見出し第三部 種族主義の牙城、慰安婦20.日本軍慰安婦問題の真実 第三部 種族 …

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。