北朝鮮・韓国

壁画が旭日旗に見えるからどけろ!…頭、大丈夫?

投稿日:2018年12月20日 更新日:

Advertisement

 







ぬか喜びの韓国系住民、壁画撤去が今度は撤回(JBPRESS)

(太陽と美女とココナツツリー バウ・スタントン)

 

…おいおい。

芸術家の表現の自由を、侵害するのはやめてください。

あなたがたに言ってるんですよ、在米韓国系有志団体「Wilshire Community Coailtion」(WCC=ウェルシェア・コミュニティ連合会)の方々。

なんでも、上の絵が「旭日旗」に見えるから撤去しろとロサンゼルス市に抗議したのだとか。

しかもロサンゼルス統一学区の幹部は一度、撤去することを決定したそうです。

それに対して世界的に著名な美術家、シェパード・フェアリー氏のメールによる提言によって、統一学区は撤去決定を取りやめたということです。

 

言いがかりのつけ方の見本、としか考えられない

この絵を描いたスタントン氏と、韓国系団体の代表で弁護士のチャン・ヤング・ジェン氏との初めての会談で、このようなやりとりがあったそうです。

スタントン氏(以下ス氏)「私が今日皆さんに会いに来たのは、この壁画を描いた意図について説明し、批判される方たちのお考えも聞くためだ」

ス氏「描かれた絵画について検閲すること、特に教育的な環境で検閲することは適切ではない、という私の考え方を一歩も譲ることはできない」

これに対して、韓国系活動団体は撤去する代わりにスタントン氏にこう提案した。

韓国団体(以下韓)「撤去した後、同じ壁に新たに別の壁画を描いてはどうか」

画家のとしてのメンツを傷つけられたのだろうか。同氏は即座に回答した。

ス氏「もう二度とこの場所に壁画を描くつもりはない。もう二度とロサンゼルス統一学区のために絵を描きたくない。彼らは私の絵画を批判する人たちから私の絵画を守ろうとしなかったからだ」

ス氏「(私の絵に対する韓国系の人たちの)一義的不満は朝鮮の歴史におけるある特定の時期について米国ではよく知られていない点にあるように思う」

ス氏「今回の論議の中でポジティブなことは、私を含めすべての関係者が韓国系の一部の人たちが『旭日旗』を見ると理屈抜きで本能的に反応することについて学んだことだ」

ス氏「彼らの気持ちは分かった。しかし私がこの壁画を撤去することに反発していることに変わりはない」

これに対して、韓国団体代表はこのように言ったそうです。

韓「我々は決してあなたを標的にしているわけではない。(太陽の図柄をテーマにしてきた)あなたがこれからもその図柄を描き続けることに反対するわけではない」

韓「ただ太陽の図柄を描いた絵にはこの図柄は『旭日旗』ではないといった説明文をつけてほしい。そうすれば決してあなたの作画活動を妨害などしない」

韓「あなたは素晴らしい画家であり、偉大な芸術家であり、我々は尊敬している。と同時に我々は言論・表現の自由を遵守したい。我々の誠実さに偽りはない」

韓「我々は(スタントン氏の壁画のような)旭日旗を連想される他の図柄のものについても見つけたら抗議していく

(JBPRESSより抜粋)

…このやり取りを見る限り、この在米韓国団体というのは、なんという愚かで、傲慢なのでしょうか。

芸術家の表現の自由の侵害だけではありません。

今後太陽を描くときは旭日旗ではないと説明文を付けろとは、何の権限があってそのようなことを決められるのでしょうか。

しかも、今後このような旭日旗に似たものがあればどんどん抗議していくと言うのだから、空いた口がふさがりません。

そもそも、この時スタントン氏の説明でこの絵は旭日旗をイメージして描いたものではない、ということが分かったはずですよね。

それなのに、なぜ撤去する必要があるのでしょうか。

これはつまり、「旭日旗に見えるものが気に入らないから、視界に入らないようにする」ことを目的としており、説明文を付けたからと言って団体の連中は納得しないでしょう。そこに嘘があります。

今回はシェパード・フェアリー氏のおかげで助かりましたが、この連中の言う事は絶対に聞いてはいけません。

言う事を聞けば聞くほど、それを既成事実として持ち出し、更に自分たちの要求を通すネタに使います。(日本と韓国の間の慰安婦問題を考えてみれば分かります)

旭日旗ではない、という説明を付けても、本能的に感情論で反応する人間たちに理屈が通じるわけありません。

隣の国だけでなく、遠いアメリカの地で行われている反日活動にも、我々は対処していかなければならないことになりそうです。

今日はここらへんで。

 

Advertisement









-北朝鮮・韓国
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「韓国併合への道完全版」を読んで⑶(閔氏勢道政治~甲申クーデター失敗)

前回に引き続いて、朝鮮半島の近代の歴史を見ていこうと思います。 ③閔妃一族による勢道政治 外戚の専横を招く恐れがないという大院君の見立ては完全に外れ、1873年、閔氏一族によって大院君は失脚、そして閔 …

「韓国併合への道完全版」を読んで⑸(大韓帝国成立後~韓国併合)

1897年10月、朝鮮国王高宗は皇帝に即位し「大韓帝国」を成立させました。 先の「日清戦争」終了時に結ばれた「下関条約」によって、朝鮮はすでに清国との宗属関係を断っていたので、何者の臣下でもない「皇帝 …

朝鮮戦争を彷彿とさせる状況(歴史を調べることの恩恵)

現在、中国と北朝鮮の国境付近に「中国人民解放軍」という中国の軍隊が集結しているようです。 中国の「北朝鮮への電撃侵攻」は起こり得るのか?(msnより) ↑図の赤線が中国と北朝鮮との国境 このニュースを …

日本政府に賠償を求めた元慰安婦の訴えが、ソウル地裁で却下!

Advertisement 慰安婦却下判決、韓国で評価二分「反日なら国際法無視」に一石(産経新聞) 韓国の司法もやっと、現代の法治主義に一歩近づきましたね。 でも、韓国って国、どう考えてもおかしいです …

反日種族主義を読んで⑹-慰安婦問題3最終結論-

Advertisement 前回で第3部の20までを見ていきました。今回は見出し21~22を見ていきましょう。   見出し第三部 種族主義の牙城、慰安婦21.解放後の40年間、慰安婦問題は存 …

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31