雑記

小室圭氏と眞子内親王の結婚について思うこと

投稿日:2021年9月26日 更新日:

Advertisement



小室圭さん近く帰国見通し 宮内庁眞子様との結婚発表準備(NHK NEWSWEB)

 

小室圭氏と眞子内親王ついに結婚か

いや~。

色々、なんやかんや言われてましたけども。

お二人、ついに結婚されるのですね~。

今現在、「国民が祝福してくれる状態」には至っていないと思うのですが、それでもお二人の思いは変わることがなかったと。

これはもうこの結婚、皆で認めて応援したらいいんじゃないでしょうか。

これまでの経緯から反対意見が凄まじかったのに、それでも意思を貫き通すなんて、並大抵のことではないと思います。

 

筋を通すなら別に反対する必要はないのでは

この結婚によって、眞子内親王は皇籍を離脱し、元皇族として品位を保つためのお金である一時金もご辞退なさる意向だと報道されています。

そうすると、税金による負担が増加するわけでもなく、これまでのように警護費用がかさんでいくわけでもないということになり、少なくとも「お金目当ての結婚」という線は消去できます。(まあ、元皇族としてのアドバンテージは、一般人に比べ十分に存在するとは思いますが)

また、相方の小室氏はNYでの就職が決まり、経済的な基盤も出来て生活していく目途も立ったということになります。

そうなると、この結婚は、「少々家庭に問題があるように見える青年が、元皇族とはいえ一人の女性と単に添い遂げようとしているだけ」というものになります。

関係の無い一般人がやんややんや騒ぐことではなくなるんですよ。

親の借金とか、品位がどうとか、そんなことで結婚をやめさせるというのはおかしなことだと思います。

 

例え小室氏がよこしまな人間だったとしても

「こんな結婚すぐに離婚するに決まっている」という意見をちらほら見かけます。

だったら何なのでしょうか?

そうだとしてもそれは眞子内親王に男を見る目がなかっただけのことで、決断をしたのは本人たちなのだから、とやかく言うことはないと思います。

その後の人生は本人たちが責任もって生きていけばいい事であって、そこまで心配する必要はないと思います。

 

ポケットに手を突っ込み、インタビューも無視

だからどうしたんでしょう?

答えたくないことも答えられないことも多いだろうし、ポケットに手を突っ込んでいるからなんなんでしょうか?生意気だとでも言いたいのでしょうか?

彼の周りの人間たちはどうなんでしょうか?

もしかしたらアメリカではポケットに手を突っ込んで歩くぐらい、何とも思われないのかもしれません。

髪型がボサボサのちょんまげスタイルなのも、個性として受け入れられているからかもしれませんし、業務が忙しくて髪を切る暇がないのかもしれません。

日本のマスメディアはあまり下らないことを報道するのはやめた方がいいと思うのですが、逆に。

 

別に小室氏を擁護したいわけではない

何か、小室氏の擁護のような内容になってしまいましたが、そういう気は全くないです。

ただ、小室氏と眞子内親王が筋を通すのであれば、この結婚は別に反対するべきものではないし、反対する権利もないということが言いたいのです。

正直、小室氏というより眞子内親王の方がこの結婚に積極的なのではないかと思います。

その理由は、眞子内親王は皇族であることに重荷を感じ、一般人として自由に生きていきたいという思いがあるからではないかと推測します。

もちろん、皇族だからこそいろいろな面で守られていたという部分もあり、その違いはこれから眞子内親王ご自身がどう感じられるのか、ということになってくるので、なんにせよ他人には関係ないこととなります。

お二人が、これから幸せになることを願っています。

…今日はこの辺りで。

記事:占い師けんけんさんが観た!小室圭氏の面相

Advertisement



-雑記
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「無理せず継続」が、真の力を付ける早道

トップページに書きましたが、私の趣味の一つに「ランニング」というものがあります。 見出しランニングの効用ランニングを継続できた理由「無理をせずに継続」で力が付く関連 ランニングの効用 ランニングの効用 …

IMFへ資金拠出決定!?(CATボンドはどうなった?)

Advertisement     日本がIMF大災害抑制基金への拠出表明へ、低所得国支援=財務省幹部 <記事内文面> 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、低所得国債務救済のため、 …

「舐められる優しさ」と「慕われる優しさ」の違い

Advertisement こんばんは。 今日良い動画を見つけたので、紹介したくて記事を書こうと思いました。 『優しくして「舐められる人」と「慕われる人」の決定的な違い』という動画で、これはタイトルか …

「儒教の呪い(中韓)」ケント・ギルバート

昨今、色んなニュースが目まぐるしく報道される中、私も自分の意見を何とか形にしようともがいていましたが、中々まとめることが出来ませんでした。 今回は以前記事で「私も読んでみます」と言っていたこの本につい …

政党オリーブの木代表、黒川敦彦氏が書籍刊行!

Advertisement   見出しソフトバンク崩壊の恐怖と農中・ゆうちょに迫る金融危機黒川氏の主張で印象強く残ったこと関連 ソフトバンク崩壊の恐怖と農中・ゆうちょに迫る金融危機 以前ご紹 …

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。