雑記

張本智和、史上最年少V!(国籍は無関係)

投稿日:2018年12月16日 更新日:

15歳張本智和が史上最年少優勝、世界4位林を圧倒(日刊スポーツ)

韓国・仁川で行われた卓球グランドファイナルで、張本智和が優勝を決めました。

15歳の選手による大会の優勝は、史上初の快挙だそうです。

日本人として素直に嬉しいですね。

 

張本智和のバックグラウンド

張本智和の両親は、共に中国四川省出身の卓球選手です。

父は男子ジュニア日本代表コーチの「張本宇」、母は1995年の天津市で行われた第43回世界卓球選手権の元代表選手の「張凌」という人になります。

2005年にその両親の間に生まれたのが張本智和で、現在15歳、身長172㎝、体重61kg、足のサイズは27.5~28.0とも言われています。

実家に卓球教室があり、妹や生徒たちともどもよく練習に励んでいたそうです。

2014年春に一家で日本に帰化されたので、現在は日本人です。

…こうやって努力している選手に対して、「両親とも中国人なのに日本人として扱っていいのか」、とかいうような意見もあるようですが、正当に努力して実力で勝ち取っている選手ならば、国籍がどうとか野暮な意見としか思えません。

在日だから差別するのではなく、在日だということを盾にとって悪さをするから差別されるのです。どこの国の輩かは言いませんが。

しかも張本一家は既に帰化して国籍も日本人になっているので、何の文句の付けようもありません。ただ応援するだけです。同じ日本人として。日本人選手として。

東京オリンピックの結果が楽しみです!

 

 

Advertisement









-雑記
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

おかえりなさい、キャスカ(ベルセルク40巻を読んで)

本日、「ベルセルク40巻」(2018年9月28日発売)を購入し、読み終えました。 (白泉社 税込626円)   見出しベルセルクとは?ベルセルクとの出会いキャスカについてベルセルクで好きな言 …

強烈な執着心の元にあるもの(見捨てられ恐怖からのいい顔症候群)

Advertisement 今日も精神的な事柄について書いてみたいことが出てきました。 「強烈な執着心の元にあるもの」ということで、以前書いた記事、「心の境界線を持つことの大切さ」、「努力しているのに …

貴乃花親方、激白!について(相撲協会の闇)

貴乃花親方が、ついに事件や自らの対応の疑問点について、語りました。 私は、正直他人の作った動画に頼るのは好きではないですが、今回はそれよりも貴乃花親方の思いがどういう所にあったのか、一人でも多くの人が …

精神医学の歴史を調べていて思ったこと(思い込みの危険性)

人間の心って、不思議ですよね。 思ってもいなかったことを口走らされたり、度忘れしたり。 自分の心ほど自分に近くてかつ、ままならないものは他にないのではないでしょうか。 そんなことを思う最近、昔から興味 …

広島廿日市高2殺害事件 鹿嶋学容疑者の犯行動機を予測

2004年10月に広島県廿日市市で起きた女子高生殺害事件で、14年間経た今犯人が逮捕されました。名前は「鹿嶋学」といい、現在35歳で山口県宇部市に住む元会社員の男だそうです。 とにもかくにも、捕まって …

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。