comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「韓国併合への道完全版」を読んで(本の発見と著者について)

近代の歴史を振り返ってきて、韓国による「謝罪と賠償の請求」は解決済であり、行う必要がないことは分かりました。   ですが、その韓国側の要求の根幹にある日韓併合について、その良し悪しは置いてお …

「韓国併合への道完全版」を読んで⑵(1800年代初頭~大院君失脚まで)

前回は「韓国併合への道完全版」の著者、呉善花氏について主に書きましたが、今回はその内容に入っていきたいと思います。 正直なところ、つい最近まで朝鮮半島の歴史にはほとんどと言っていいほど興味がありません …

「韓国併合への道完全版」を読んで⑸(大韓帝国成立後~韓国併合)

1897年10月、朝鮮国王高宗は皇帝に即位し「大韓帝国」を成立させました。 先の「日清戦争」終了時に結ばれた「下関条約」によって、朝鮮はすでに清国との宗属関係を断っていたので、何者の臣下でもない「皇帝 …

「韓国併合への道完全版」を読んで⑶(閔氏勢道政治~甲申クーデター失敗)

前回に引き続いて、朝鮮半島の近代の歴史を見ていこうと思います。 ③閔妃一族による勢道政治 外戚の専横を招く恐れがないという大院君の見立ては完全に外れ、1873年、閔氏一族によって大院君は失脚、そして閔 …

【黒川敦彦氏書籍】「ソフトバンク崩壊の恐怖と農中・ゆうちょに迫る金融危機」

Advertisement 政党オリーブの木代表、黒川敦彦氏が書いた本、「ソフトバンク崩壊の恐怖と農中・ゆうちょに迫る金融危機」を読んでみました。   見出しこれまで動画等で発信されていたも …

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。